2人目の妊娠超初期症状は1人目と同じではなかった!

2人目の妊娠超初期症状は1人目と同じではなかった!

この度、念願の第2子を妊娠しました。
現在4か月半です。

妊娠がわかる生理予定日前後まで、何か体調に変わったことがあると、これはもしや妊娠超初期症状!?と思ったり、生理が始まって撃沈したり‥。

前周期も撃沈していましたね…。でも無事に妊娠できたんです!

しばらく、つわりが辛く、記事を書く気になれませんでしたが、すこーしマシになってきたような気がするので、気持ち悪くない時間に少しずつ書いていこうと思います。
早く書かないと忘れちゃうからね‥。

今回の妊娠超初期症状

基礎体温から全く期待していなかった

今回は、きっちり基礎体温を測っていたのですが、どこが排卵日か特定できないし、低温期と高温期の差も0.1度くらいしかありません。

そうかー、これで妊娠できなかったんだなーと思って諦めていました。

今週期はなんとなくのタイミングを取っていたので、じゃあ次の生理からはしばらくタイミング取らずに、基礎体温を綺麗にする事を目標にしよう!と思っていました。

なので、ん?これは妊娠超初期症状かな?と思うことがあっても、いやいや、これでもし妊娠したって妊娠継続できないし、と諦めの境地で、肩の力が抜けていました

生理予定日5日前におりもの

生理予定日前後のおりものは、白っぽく、濁った感じのものが出ていました。
それが、生理予定日5日前にふとパンツを見ると、水みたいなおりもの大量に出ていました。

季節も夏だったので、汗かな?とも思ったのですが、いやいやピンポイントでここだけ汗かかないでしょ。と思い直しました。

1人目妊娠時も、ずーっと水おりものが続いていたので、妊娠かな?と思ったけど、諦めの気持ちが大きかったので、夏だし汗や!と思い込んでいました。

生理前の腹痛がなかった

妊活を始めてから、ストレスからかPMSの症状がひどくなり、妊娠していない周期には、生理1週間前から下腹部痛がありました。
しかし、妊娠した周期には、下腹部痛はありませんでした。

ただ、下腹部痛はないけど、子宮口が下がってきている感覚がなんとなくあったので、下腹部痛のPMSが改善されたかなーという風に思っていました。

妊娠超初期症状はあっても気付かない程度


妊活中なら、早く妊娠しているか知りたくて、妊娠していて欲しくて、ちょっとした体調の変化に敏感になってしまいますよね。
でも、妊娠超初期というと、排卵日から1週間後、着床が始まった辺りの出来事です。
気づく人は気づくけど、気にしてなかったら見逃してしまう程度の変化しかありません。
それも、生理前の症状とよく似ていました。

ただ、私の場合は、生理前に来る腹痛がないということが、2人の妊娠の兆候として見られた共通事項でした。

また、今回は生理予定日前に妊娠検査薬で陽性反応が出ました。

妊娠していて、排卵日がある程度特定できれば、生理日予定日くらいからうっすらと妊娠検査薬の反応が出ると思います。
それでも、排卵日から生理予定日までの2週間は、果てしなく遠く感じますよね。
その間は、特別な事をしない、という事が大切な気がします。
もちろん、生活習慣は整えつつ、好きなことに打ち込んでいると、気が紛れますよ!

だって、妊娠がわかったら、すぐに辛いつわりがやってきます‥。
もし今回妊娠していたら、つわりが辛い人だったら、今までと同じ生活は無理だと思っておいた方がいいから‥。

まとめ

妊娠はゴールではありません。
妊活は、過程だと思います。結果は後から付いてきます。

私もまだ安定期前。やっとつわりが落ち着いてきた4ヶ月半です。
まだまだスタートを切ったところ。

私の場合、祖母が糖尿病、父が糖尿病の予備軍なので、妊娠中は体重と塩分の管理をするように言われています。
まだまだ道のりは長いです。

はまじ
皆さんの所にステキな赤ちゃんがきますように。
そして、私も無事に出産できますように‥。

妊活カテゴリの最新記事