保育園服は分かりやすく時短収納!カラーボックスと100均を使って

保育園服は分かりやすく時短収納!カラーボックスと100均を使って


こんにちは、はまじです。
長男が保育園に通っている間は、私もフルタイム勤務だったので、毎日の家事はバタバタしていました。
特に、保育園の準備は面倒。乳児の間は使うものも多く、洗濯の量もハンパない!!!

そこで今回は、私が実践していた子供服収納をご紹介したいと思います。
カラーボックスと100均のかごをつかった半投げ込み収納です。

片づけるのも楽、そして、パパにも手伝ってもらえるものにしました。

用意するもの

カラーボックス

カラーボックスは手ごろな値段で使いやすいですが、1段1段の高さが大きく、このままではスペースがもったいない。

そこで、カラーボックスは3段用の高さのものを利用し、棚板が自由に増やせるものにします。
私は近所のホームセンターで買いました。

追加用の棚板

かごの高さに合わせて棚板を用意します。
棚板が増やせるカラーボックスだと、目的にあわせて収納力を増やせるのが魅力ですね。

今回は5枚用意し、6段の収納にしました。

セリアで買ったかご(FIT BASKET)

100均にはいろいろな種類のかごが売っていますが、セリアで買えるFIT BASKETが好きで、子供部屋のプラレール収納にも使っています。
今回は、ワイドタイプ5個とハーフタイプ2個を用意しました。

セリアで買ったカラ-ボックス用カーテンと突っ張り棒

セリアには、ナチュラルなインテリアになじむギンガムチェックのカラーボックス用カーテンが売っています。
今回の保育園服用カラーボックスには、茶色を使いました。

ちなみに、ままごとキッチンにも利用しています。

DIYしない人でも作れるままごとキッチン!カラーボックスと100

使い方

棚板の設置

カラーボックスの棚板は、上からワイドタイプのかごの高さに合わせて棚板を設置します。
ピッタリより、少しかごの上にスペースがある方が出し入れもしやすいですね。
一番下の段は、ハーフボックスを2つ入れていました。

かごの服は縦収納で見やすく

かごには、入れる服のタグネームプレートを付けてくださいね。

タオル系、半袖、長袖、下着、おしゃれ着→ワイドタイプ
布おむつやおむつカバー、トレパン→ハーフタイプ
こんな感じで収納していましたよ。
半袖シャツも、お昼寝の時に1年を通して使用していたので、秋になり、サイズアウトしたものは保管ボックスに入れてクローゼットへ、サイズが合うものだけはカゴに残していました。
冬服はかさばるので、収納が足りなくなり、スペースの空いた半袖シャツの所にトレーナーが入っていました笑

ワイドタイプは浅いので、子供服を縦向き収納するのにとても便利ですよ。

選びやすく、そして取り出しやすい!!
投げ込み方式とは言えないけど、片手でカゴを引いて、もう片方の手でざっくり並べるだけなので、クローゼットに入れたり引き出しに入れるよりは簡単だと思います。

カーテンは必要?

カーテンをつける理由はずばり、見た目を良くするためだけ!w
カーテンを開ける動作が面倒になるので、お客さんが来る時だけつけるパターンでもいいと思います。

私は常につけていました。
ざっくり片づけてしまってた時も、とりあえずイライラせずに過ごせるので。(笑)
時間があるときに、ささっと整えて収納しなおします。

私はカラーボックスをもう一つ用意し、そこには家で使う紙おむつや、おしゃれ着をたたまず突っ張り棒に掛けたりしていました。
ただ、カーテンを付けるには突っ張り棒×ハンガーは使いにくいので、途中から私は全て畳み方式に変えました。そして、空いた部分には保育園カバンを収納。スーパーの袋などもストックしていました。

はまじ
あまりにもぐちゃぐちゃなので、画像は割愛します(笑)

とにかく長男の必要な衣類はここにすべて入れて、準備も収納も一か所にまとめていました。

保育園服は取り出しやすいところにわかりやすい収納

ワーママにとって、いかに家事を時短にするか、いかに朝の準備を簡単にするかは、とても重要ですよね。

カラーボックスなら定番でアレンジもききやすく、入れるものが変わってもかごを変えるだけでOK!!
家のどこにでも設置できるのも、魅力ですね。
また、子供が大きくなってからもどこにでも使えるし、気軽に購入できます。

朝の導線を考えながら、どこに置くと準備しやすいかを考えながら、モノがあちこち散らばらないように収納場所を考えましょう。
みなさんも是非、参考にしてくださいね

はまじ
まあ、こんな簡単な収納にしたのに、ちょっと怠るとすぐにモノが散らかるのが悲しいですが…(:_;)

その他カテゴリの最新記事