幼稚園や保育園に持っていく歯ブラシキャップのおすすめはコレ!

幼稚園や保育園に持っていく歯ブラシキャップのおすすめはコレ!

2歳児や幼児クラスになると、園でも食後の歯磨きが始まりますね。
園から、歯ブラシにキャップをつけてくださいと言われることもあるでしょう。

ただ、ドラッグストアにも売っておらず、探し回ったママも多いのではないでしょうか。
私も色々と探し回って見つけましたよ!

今回は、幼稚園や保育園に通う子供でも扱いやすい歯ブラシキャップについてご紹介します。

観音開きは使いにくい?

歯ブラシキャップはドラッグストアよりも100均で売っている事が多いです。
一般的な歯ブラシキャップって、こういうパカッと横に開く、観音開きのキャップだと思います。

キャン★ドゥでも見付けました。
歯ブラシキャップキャン★ドゥ
4つ入って100円と、コスパの面でも優れていますね。

しかし、このケース、子供には少し使うのが難しいのです。

というのも、幼稚園や保育園では、手洗い場で歯磨きをしますが、立ったままキャップの開け締めをしなければなりません。
しかし、観音開きのケースだと、キャップに歯ブラシを挟むという部分が難しく、開けた時や閉める時に歯ブラシを床に落としてしまいます。
また、開けるときに勢いよくあけて、キャップを壊してしまうこともあるんです。

上手に扱える子供ならこちらで問題ないのですが、2歳児や3歳児にはハードルが高くなってしまいます。

理想は上から被せるキャップ

歯ブラシを挟む、という過程が難しいので、その難点を克服すれば付けやすいということです。

というわけで、歯ブラシの上から被せる形のキャップだと、子供にも扱いやすくなりますよ。
でも、これがなかなか売っていなくて…。

こちらは、キャン★ドゥでも売っていましたよ!

切り込みが入っていて通気性がよく、かぶせるだけで使いやすいのですが…。

シリコン製なので、お名前シールは貼れません。直接油性ペンで書くしかありません。
また、子供用の小さな歯ブラシには、少しサイズが大きいのです。

オススメは、上からしっかりキャップ!

上からかぶせる歯ブラシキャップ
やはり、しっかりとしたケースでこどもの歯ブラシに合った物がいいですよね。
私が購入したのは、こちらの商品です!本当におすすめですよ~!

コチラは、キャップの下側にフタがついていて、とっても使いやすいのです!
歯ブラシを使う時は、歯ブラシを引く抜くだけで、さっと取り出せます。

片付ける時も、キャップに歯ブラシを指して、フタをかちっと閉じるだけ。
3歳の不器用男子でも、立ったまま出し入れすることができましたよ!

しかも、楽天市場やYahoo!ショッピングでは、1個43円という安さ。
替えに何個か購入しておくといいと思います。

また、サムフレンドの歯ブラシは、サイズ展開もたくさんあり、歯科でもよく取り扱われているものです。
サムフレンドハブラシ
キャップだけ買うと送料がもったいないので、歯ブラシもたくさん購入しましたよ。
家でも園でも使えるし、キャップがぴったり使えていいですよ!

サイズは、10⇒乳歯中心の乳幼児(0~7歳)、11⇒混合歯列期の子供(6~12歳)がピッタリ。
3歳の長男には10のサイズを購入しました。

1本ずつ販売されていたり、6本アソート、10本アソートとあるので、好きな組み合わせで一気に買っておくことをオススメします!

また、少しお値段は上がりますが、こんな可愛い歯ブラシキャップもあります。
吸盤がついていますが、外せばキャップになるそうです。
こちらも縦入れの歯ブラシキャップなので、出し入れがしやすくなっていますよ!

子供の使いやすさを重視しよう!

段々と、自分でできる事は自分でする、という時期に突入した子供たち。
親がしてあげられるのは、子供自身でできる仕組みを整えてあげることですよね!

まだまだ年齢や月齢が低い子供たちには、子供たちのやりやすい方法を見つけてあげてくださいね!
今日紹介した、上からかぶせるキャップは、とってもオススメですよ~!

幼稚園カテゴリの最新記事