【体験談】保育園から幼稚園に転園して良かったこと

【体験談】保育園から幼稚園に転園して良かったこと


こんにちは、はまじです。
長男は1歳児、2歳児と保育園に行っていましたが、3歳児(年少)から幼稚園に転園しました。

幼稚園に転園した理由は、これ!!というものはないのですが、色々なことを総合して判断しました。
今日は、幼稚園に転園して良かったことや、逆に保育園のここがよかったなあ、など、個人的な観点で感想を述べたいと思います。

今回は、幼稚園と保育園の比較なので、3歳児以降で考えます。

幼稚園のよかったところ

保育時間は短いが、昼寝がないので早寝早起きになる

保育園時代、悩ましかったのが夜の寝かしつけです。
お昼寝を2時間以上していた長男は、2歳を過ぎると夜になかなか寝付けなくなりました。
9時にお布団に入れても、寝るのは10時前。これ以上早くても遅くても、寝るのは10時でした。
朝は7時に起きていました。

幼稚園に行くと、保育時間は短いのですが、その分お昼寝がありません。
2時半にお迎えに行き、就寝は8時前後。

全体の睡眠時間としてみてみると…

保育園時代:夜の睡眠9時間 + お昼寝2時間 = 11時間
幼稚園時代:夜の睡眠11時間 + お昼寝なし = 11時間

一緒!!だったら小さいころから早寝早起きの方がいい!!
早寝早起きの習慣は、小さいころが大事です。

今は私は仕事をしていませんが、幼稚園でも預かり保育を利用すれば、仕事に出ることも可能です。
2時くらいまでのお仕事でも十分稼げるし、8時に寝てくれれば、家でちょっとしたお小遣い稼ぎをすることもできますよね。
私も、条件が合う仕事が見つかれば復帰する予定です。

パートで仕事をするのであれば、幼稚園の保育時間内に働くか、預かり保育を利用するのがいいと思います。
長時間労働でどうしても帰りが遅くなるのであれば、しっかり午睡をとれる保育園がいいと思います。

はまじ
私は、正職員も経験しましたが、子供が小さい間はパートにしようと決めました!
幼児クラスからはお昼寝の時間を短く設定したり、お昼寝をなくしている保育園もありますよ。

幼稚園はだいたい希望する幼稚園に入園できる

待機児童がある地域では、保育園の人気園は中々入れず、保育課が入園する園を決定します。
希望の園に入れないこともあるのです。長男は第三希望でした。(入れただけマシですが)

保育園ではとてもお世話になったし、とても感謝しています。保育園様様でした。
でも、保育内容を考えて、教育方針の合う園に入れたいと思いました。

今は保育園を希望する人も多く、幼稚園なら定員割れしている所も多いので、希望する園に入れることが多いようです。

保育方針、教育方針はしっかりとみるべきです!!

園行事が多く、親が参加できる

これは、逆に行事に参加したくない!というお母さんにはデメリットしかないのですが、私は子供の誕生日会も行きたいし、親子遠足も行きたいし、行事も見に行きたいし、参観日も楽しみ、という考え方です。
だって、小学生になったら、絶対喜んでくれないでしょ。来ないでとか言われるんでしょ。
ママ来てほしい、って言ってもらえる幼児の間に、いっぱい参加したいです。

保育料が安い!

これは、所得によります。
私が、正職員で働いていた時の保育料はびっくりする高さでした。
ママが住民税を払わなくていい100万円以内の仕事であれば、そこまで高くならないと思いますが、それくらいの収入であれば幼稚園でも働けるので、保育園に行くメリットがありませんでした。

また、私立幼稚園であれば、補助金があります。
私立幼稚園の補助金は、私の地域では、上の子小学校3年生まで1人目とカウントしてくれ、2人目の補助金はたくさん出るのです。
それに対し、私の地域の保育園の保育料は、上の子が小学校に上がったら、下の子が第1子としてカウントされ、保育料が上がります。
私は、続けて2人目産まなかったけど、学年差が開いてもいずれもう一人欲しい!と思っているので、幼稚園の方が安くなりそうだということが見込めます。

保育園のここがよかったなあと思う所

11時間保育まで延長料金がかからない

保育園では、保育標準時間認定であれば、園が設定する11時間の間に登園、降園すれば延長料金がかかりません。7時半から6時半までは、保育料でOK!。
幼稚園は、2時半以降に預けるなら、預かり保育料がかかります。

早朝保育をしているところでも、30分で100円だとか、いちいちお金がかかるのが大変。
ただ、月額上限金額を設定している園もあるので、少しは助かりますね。
長男の通う幼稚園は、月額6000円で毎日延長保育5時までをしてくれます。7000円で6時までです。

保育園は夏休みがない!

毎日保育がある保育園と違い、幼稚園は長期休暇があります。
園によっては預かり保育として、ほぼ毎日保育をしてくれる園もありますが、また別途料金が発生。

はまじ
働くのであれば、私立幼稚園の補助金で安くなった分は、預かり保育料で消えていきますね…。

ママ同士の関係が、すごくドライだった

働くママ同士、お互いに忙しいので、目立ったママ友との付き合いもなくてよかったです。
仲良くなったお母さんと、帰り道にたまに話す程度。

幼稚園でもドライなお母さんもたくさんいるので付き合いやすいですが、やはり軍団もあるみたいなので、ちょっと怖い…。

とても満足な幼稚園ライフです

とにかく、息子が楽しんで幼稚園に行ってくれているので、とにかく満足しています。
特に、早寝早起きになってくれたのは、親子共々メリットがいっぱい!!!

働いていても幼稚園に通う方法があります。
園によって預かり保育の設定も全然違うので、色々な園を見学し、保育料なども考慮しながら、希望の幼稚園や保育園に入れるといいですね。

以上、はまじの主観がいっぱい入った幼稚園のお話でした☆

幼稚園・保育園カテゴリの最新記事