うちわ風が魅力の日立DCモーター扇風機を購入!就寝時にもオススメ

うちわ風が魅力の日立DCモーター扇風機を購入!就寝時にもオススメ

我が家の寝室は2階にありますが、気温が高くなり、クーラーをつけっぱなしでないと寝られない時期がやってきました。
2階って、寝る前に風を通しておいても暑いし、朝日と共にぐんぐん気温が上昇。
気密性の高い最近の家だからなのか、クーラーが消えた途端に暑くなってしまいます。

ただ、クーラーをつけっぱなしにすると、風が直接当たって、朝に震えて目が覚める状況に…。
しかも、クーラーは28℃設定でも効きすぎるくらいの冷風。
健康にも良くなさそうだし、子供の体にも良くなさそうだし…。

と言うわけで、朝になっても涼しい1階の、小さな4.5畳の和室で寝ることになりました!
ただ、この和室、エアコンがついていないんです。
でも、リビングの続き間だし、4.5畳に今のところエアコンは必要なさそうです。

そこで、今話題のDCモーター扇風機を購入しました!
日立HEF-DC500

今日は、DCモーター扇風機の魅力と、実際に買った日立の扇風機についてご紹介します。

DCモーター扇風機って何?

私も主人に聞いて初めて知った、DCモーター扇風機。
今までの扇風機の主流は、ACモーターを使用しています。その違いは何でしょう。

ACモーターとDCモーターの違い

ACモーターは、交流モーターを使用していますが、DCモーターは直流モーターを使用しています。
電源がプラスかマイナスか、入れ替わるのが交流モーター、プラスとマイナスが一定なのが直流モーターです。

ただ単に、モーターが違うだけなのですが、製品の特長も変わってきます。

DCモーター扇風機のメリット・デメリット

DCモーター扇風機には、次のようなメリット・デメリットがあります。

    メリット

  1. 静音
  2. 優しい風になる
  3. 部屋全体に風が行き渡る
  4. 省エネ!?
    デメリット

  1. 価格が高い
  2. 風が物足りないと感じる場合も

ACモーター扇風機のメリット・デメリット

ACモーター扇風機には、次のようなメリット・デメリットがあります。

    メリット

  1. 安く買える
  2. 近くにいる人は強い風に当たれる
    デメリット

  1. 部屋全体に風が行きにくい
  2. モーター音がする

DCモーターの省エネは気にする必要なし!

DCモーターのメリットで、省エネ推しもあるのですが、冷静になって考えてください。
そもそもACモーターでも、つけっぱなしにしたとしても、電気代は1,000円もかからないと言われています。

DCモーターは半額くらいなので、500円もかからないくらい。とっても安いですよね。
つけっぱなしにして、500円くらいの価格差としたら、使用期間4ヵ月で1年2000円くらい?

でも、つけっぱなしにはしないですよね。

また、扇風機自体の価格差を考えると、さて元は取れるのでしょうか…。
省エネを期待して買うのであれば、それぞれのメーカーの消費電力と本体価格を比較しながら購入する必要があります。

我が家がDCモーター扇風機を購入した理由

我が家では、就寝時にも使用するため、DCモーターの扇風機を購入することになりました。

リビングダイニングの風を和室に流し込むため

長男が寝てからしばらくは、和室のドアを少し開けて、そこからエアコンで冷やしたリビングの冷気を和室に入れる必要があります。
また、親が寝るときは和室のドアを開け、しばらくはリビングのエアコンの風を和室に送り込みたい。

そこで、風が全体に行きわたりやすいDCモーターの扇風機の方が、魅力的だったんです。

風がやさしく喉にもやさしい

主人は、クーラーつけっぱなしや扇風機当たりっぱなしで寝ると、喉が痛くなるようです。

DCモーターの特徴である優しい風で、のどの痛みを回避したいというのが、私にDCモーター扇風機を勧めてきた理由だそうです。

高くてもDCモーター扇風機をオススメする人!

やはり、気になるのは、本体価格の高さ。
山善さんなどのメーカーであれば1万円以内で買えることもありますが、ACモーターだと3000円以内で買えるので、やはり高いですよね。

それでも、優しい風が良い人、部屋全体の空気を循環させたい人は、DCモーターをおすすめします!!

逆に、強い風にずっと当たっていたい、モーター音が気にならない、という人には、ACモーターがオススメです。
DCモーター扇風機は高いからといって、必ずしもすべての人に最適というわけではないことを理解しておきましょう。

日立HEF-DC500

我が家で購入した扇風機はコチラ

日立さんが販売しているDCモーター扇風機の内、スタンダードモデルを購入しました。
色々迷って、昨日、値段、メーカーの信頼度を取って、このモデルにしました。

他の大手家電メーカーより安い!?

山善とかに比べると高いのですが、他の大手家電メーカーに比べると、安い印象です。
我が家のACモーター扇風機は、山善のものです。

ただ、エアコン代わりくらいに考えているので、少しはお金を出してもいいけど、扇風機に3万円は高い!(笑)
1万円台で買える、機能たっぷりのDCモーター扇風機、ということで、日立はぴったりでした!

うちわ風

画像引用:HITACHI

風量が6段階で調節できるのも魅力ですが、日立の扇風機の魅力はうちわ風と言われる微風!

我が家では、夜間はうちわ風を首振りで回しながら、直接体に当たるようにしています。
風が全体に広がるのに加えて微風なので、体が痛くなることなく、直接肌に風が当たるので体温も下がり、気持ちよく寝られます!

おやすみモードも良い!

画像引用:HITACHI

おやすみモードでは、段々風量を下げてくれるので、寒くなりすぎず、寝入りはしっかり風が当たり、夜中にはうちわ風でやさしい風にしてくれます。
2時間と10時間で選べるそうで、子供が寝た時に10時間でやってみました!
大人が寝る時間には、うちわ風になっていていい気持ち!

でも、長男は11時間くらい寝るので、タイマーが切れてから、入りタイマーが入るまでの1時間が暑い( ゚Д゚)
なので、タイマーが終わり切らないけれど、大人が寝る時間に10時間タイマーにして朝までつけることにしました。

リビングからの冷気が和室を巡回している!

我が家では、和室のドア(引き戸)を少し開けて、リビングの冷気を流し込んでいます。
ドア付近にこの扇風機を置いておくと、冷気がしっかりと部屋中を巡回するので、一部だけが涼しいということもなく、部屋全体がまあまあ涼しい、という感じになりました。

空気を巡回させるという、サーキュレーター役目をしっかり果たしてくれています。

上位機種でなくて十分だった

日立のDCモーターの上位機種はコチラ

私が買ったものとの違いは…。

〇風量6段階 ⇒ 8段階
〇要組み立て ⇒ 組み立て要らず
〇首の向きは左右 ⇒ 上に90℃まで動く(暖房時・衣類乾燥として使える)
〇扇風機の向き調整 ⇒ こっちむいてボタン(リモコン操作可能)

我が家には必要ない機能だったので、スタンダードモデルにしました。
5000円以上高かったので、スタンダードでも十分色々な機能がついていますよ!

シンプルモデルでも十分

私はおやすみタイマーが欲しかったので、スタンダードモデルにしましたが、シンプルモデルでも十分です!

微風が良いDC扇風機、手頃で機能たっぷり日立のDC扇風機

優しい風を求めているのであれば、少し値段は高くなりますが、DCモーター扇風機がおすすめです!

ACモーター扇風機の、モーター回ってます~という主張するような音もなく、静かでモーターも熱くなりません。
風を調節しながら、気持ちよく風に当たることができますよ!

POINT

DCモーター扇風機は…
〇部屋全体の風を巡回できる!
〇風量の細かな調節が可能
〇価格は高いが就寝時にオススメ
〇日立は大手家電メーカーの中では手頃な値段

是非参考にして、DCモーター扇風機を購入してくださいね!

節約カテゴリの最新記事