奥行き650mm以下の薄型冷蔵庫!我が家はパナソニック製を購入

奥行き650mm以下の薄型冷蔵庫!我が家はパナソニック製を購入

ずっと欲しかった、薄型冷蔵庫。
買い換えたいなと思っていたので、ずっと探していました。

そしてこの度、今まで使っていた冷蔵庫の冷凍室が効かなくなり、冷蔵庫を買い替えました。

実は、前に住んでいたマンションでは、キッチンが広かったので、共働きということで何も考えずに大きな冷蔵庫を購入。

しかし、一軒家に引っ越してきて、対面キッチンの幅が狭いのなんの!
引っ越し屋さんに持ち上げてもらって、その大きな冷蔵庫を搬入したのです。

無理やり搬入したのが悪かったのか、たったの8年で壊れた冷蔵庫。

今回は、ずっと欲しいと思っていた薄型冷蔵庫を購入しました!

色々と探し回って、私が購入したパナソニック薄型冷蔵庫(NR-FVF455-Wのレビューと、奥行き650mm以下の薄型冷蔵庫のおすすめポイントを紹介していきたいと思います。

薄型冷蔵庫がおすすめの理由

昔は多かった薄型冷蔵庫ですが、今は主流ではないみたい。
今は、幅が小さく、奥行きが長い冷蔵庫が多くなっています。
ファミリータイプだと、だいたい奥行き690mmから750mmくらいかな。

置くスペースが小さくても置けるから、という理由だそうです。

そんな中でも、私が薄型冷蔵庫をおすすめする理由があるんです(^^)

通路幅が確保できる

狭い対面キッチンだと、冷蔵庫の奥行きが長いと、その分の通路幅が減ってしまい、家事がとてもしにくい原因に。

私が以前使っていたのは、500リットル以上の大きめの冷蔵庫でしたが、奥行きが750mmもありました。

そして、間取り的に、冷蔵庫の前はガスコンロ。

火を使いながら冷蔵庫を開けるとき、めっちゃ危なくて。
フライパンの持つところがぶつからないようにしなきゃいけませんでした。

子供をおんぶしながら料理する時なんて、冷蔵庫は絶対に開けられませんでした。

奥行きが短い薄型冷蔵庫なら、対面キッチンの通路幅がしっかり確保できるので、ガスコンロを使う時もとても快適です。

奥まで手が届く

奥行きが深いと、奥にあるものの管理がしにくくなります。

大好きなセリアやダイソーで収納ボックスを買い、奥に物がいかないよう管理していました。

それでも、収納ボックスの手前の空間にも物は置けないし、結局冷蔵庫内の空間を全部使えていない、という場合が多かったんです。

それなら、奥行きが浅い方が、無駄なスペースがなくていいし、奥の物を管理できないという事態も減らすことができます。

特に、私のように、整理整頓が苦手という人には、薄型冷蔵庫がめっちゃおすすめです!!

パナソニックNR-FVF455-W

というわけで、私が購入した薄型冷蔵庫はこちらです。

今販売されているファミリータイプ400リットル以上の冷蔵庫の中で、一番奥行きの薄い物を選びました。

また、実店舗で購入するよりネットで購入する方が安いです。

我が家は、楽天市場のジョーシンで購入し、一緒に古い冷蔵庫のリサイクルもお願いしました。
大手なので対応も良く、安心のお取引ができました。
やばいと思って注文してから、1週間で届きました。
冷凍庫だけが壊れたので、1週間先でも古い冷蔵庫で耐えることができました(o^^o)笑

ジョーシン楽天市場店での価格は、他の楽天市場の店舗よりは高いですが、安い販売店では納期が1ヶ月先など、在庫があるわけではないので、故障後の購入は要注意です。

かなり薄型!

奥行きがかなり薄くなったので、コンロ前の通路側広くなりました。

我が家は、ガスコンロの奥に1畳より小さいパントリーがあります。
冷蔵庫が小さくなったことで、とても通りやすくなりました。

奥行きはなんと、633mm!!

前に使っていたのが特に大きかったのもあり、12cm奥行きが小さくなって、キッチンの使いやすさがパワーアップしました(^^)

ポケットが使いやすい

上の一番大きな扉は、は観音開きの冷蔵室です。
すごく細かく設定されているなあと思うのが、横のポケットです。

小さなチューブ系を立てて収納できたり。

2リットルのペットボトルを立てて収納できるよう窪みがあったり。

ここは本当は卵入れですが、卵は痛まないよう、我が家ではポケットには収納しないので、子供用のジュースとか、大人のビールとか、たくさん入れることができます。

ポケットに入れるであろうものを想定し、使いやすく設定されています。

真ん中に冷凍室

真ん中が冷凍室のメーカーが多いんでしょうが、前に使っていた冷蔵庫はTOSHIBAなので、真ん中野菜室だったんです。

使う前は、なんでよく使う野菜室が下で、冷凍庫が上やねん!とちょっと不満でした。

でも、今現在、そんな不便なく使えています。
むしろ、離乳食ストックを冷凍庫に入れているので、ぐずりながら離乳食の用意をする時に、冷凍室が上になって便利だ〜と感じました!

また、お肉をまとめ買いして冷凍することが多いとか、冷凍庫をよく使う人は、分量が把握しやすいので、冷凍室真ん中だと便利です

その分、野菜室が下は不便かもしれないけど、私はいつも、使う野菜は全部出してから調理を始めるので、使う前の不安より、そんなに苦になりませんでした。

はまじ
真ん中冷凍室は、絶対マイナスポイントになると思っていたので、意外と使いやすくて良かった!!

野菜を立てて収納

まあ、どのメーカーでもそうでしょうが、野菜を立てて収納するスペースがあります。

また、前の冷蔵庫では、冷蔵室の一番上のデットスペースに入れていた粉物ストックが行き場をなくしたので、野菜室の空いてる場所へ。

うちは共働き時代から、平日もちょこちょこ買い足し買い物へ行く派なので、痛まない程度の野菜しか買いません。
野菜室は余りがちなので、ちょうどいい感じです。

ほかの薄型冷蔵庫

私が購入したパナソニック製の物が一番奥行きが短いですが、他にも薄型冷蔵庫は販売されています。

日立

こちらは、機能が素敵で、一番最初に候補にあがった商品です。

真空チルドが推しの商品で、実際に電気屋さんで見てみると、変わるん棚で左右で棚の高さを変えられたり、野菜室も真ん中だし、すごく魅力的でした。

奥行きは、430リットルの物で643mm、475リットルの物で649mm。

奥行きだけで見ると、パナソニックに軍配が上がります。
また、価格帯も少し高めだったので、今回は見送り。

ただし、旧タイプの物は、時々ネットで残っていたりして、価格も抑えられるので、要チェックです!

買い替えではなく、初めて設置する場合であれば、リサイクルも必要ないので、Amazonなどで購入しても問題ないかと思います。

AQUA

すげー!これ見た時、めっちゃ欲しくなった!!

薄型冷蔵庫で、横がワイド。
冷凍室は全部引き出しになってるから、かなり整理しやすそうだし、冷凍焼けも起こしにくそう。

そしてなんといっても、デザインが素敵!
価格も、手の出せないような値段でもない!

奥行きは635mm!!素晴らしい。

ただ、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、この薄さで容量512リットルということは、かなり横幅が必要です。
幅は830mm、設置には880mm以上必要です。

置くスペースがなくて、断念しました(´・_・`)

薄型冷蔵庫は使いやすい!

奥行きが短いことで、デッドスペースが減り、見やすく使いやすいのが薄型冷蔵庫の特徴です。

また、対面キッチンで、キッチンの通路幅が小さい、我が家のような狭いタイプだと、冷蔵庫を薄くすることで、料理をするときに快適になりますよ!
赤ちゃんがいて、おんぶ育児をしているひとにもおすすめです。

デッドスペースが減り、食材の無駄も減り、買い物の無駄も減ります。

薄型冷蔵庫が気になる方は、是非、参考にしてみてくださいね!

家電カテゴリの最新記事