靴下でも滑りにくいジョイントマットの使い心地は?木目調をリビングに敷いてみた!

靴下でも滑りにくいジョイントマットの使い心地は?木目調をリビングに敷いてみた!

我が家では、子供が生まれてから、リビングに色々なラグやカーペットを試してみました。

長男が生まれた時はカーペット、あまりにも汚れて洗濯できないのでラグを2回買い替え、長女が生まれ、寝返りをできるようになった3ヶ月で思い切ってパズルマットを購入してみました。

調べに調べた結果、靴下でも滑りにくい大判ジョイントマットを購入することにしました。
5ヶ月使用してみてレビューしたいと思います。

我が家のジョイントマットの条件

リビング用のジョイントマットを探すに当たって、条件がありました。

床暖房対応であること

リビングとダイニングの一部に、床暖房が入っています。
ジョイントマットを敷いていても床暖房で暖かく、また熱による変形の無いものがほしくて。

なので、床暖房対応は絶対条件でした。

大判であること

ジョイントマットは、長男の時も絵の入った物を一部に使っていたことがあります。
サイズは、通常の30cm×30cm。

でも、掃除が結構面倒でした。

なので、ささっとジョイントマットを持ち上げて掃除機をかけ、汚れて外した時もささっと元に戻せる大判パズルマットが欲しいなと思っていました。

滑りにくいこと

4歳の長男は、とにかくライダーごっこが大好き。
ソファーの上からライダーキックしてジャンプするんです。

なので、滑りにくいことが絶対条件

さらに、靴下を履いている冬でも滑りにくい方がいいなと思いました。

木目調でおしゃれなもの

子供っぽいデザインは、リビングに敷いていると、いかにもジョイントマット〜って感じになっちゃいます。

最近は、グレーやくすみカラーのステキなマットも販売されていて、とても迷いました。

でも、靴下を履いても滑りにくいかどうかわからず、大判でもないので断念。

で、インテリアを損なわずに馴染むデザインは、やはり木目調です。
プリント加工なので剥がれてくるかと思いますが、それでもデザインが素敵なのがいい!

靴下でも滑りにくいジョイントマット

全ての条件をクリアしていたのが、靴下でも滑りにくいジョイントマット大判です!

実際に敷いてみて、使用してみた感想です。

めっちゃ敷きやすい!

まあわかりきっていることですが、大判ジョイントマットであれば、敷き詰める枚数が少ないので、作業時間が少なく済みます!

作業時間が少なくなると、ズボラな私でも、たまにはジョイントマットを剥がして掃除してやろうか、という気持ちにもなれます。

靴下を履いて滑べりにくい!本当だった!

私たち大人はもちろん、4歳の長男も一度も滑って転けていません。
0歳の長女は、つかまり立ちを始めたところでよく転けていますが、ジョイントマットは関係ない感じ。
むしろ、タイツや靴下を履いても、ハイハイも滑らず出来るし、転けた時の衝撃も少なくなり、泣きはしますが怪我してません。

はまじ
滑りにくさは、実感しています!!

床暖房の暖かさも感じる

床暖房対応なので、冬も安心して使用できます。
ただ、床暖房の暖かさはもちろん、フローリング剥き出し状態よりは感じにくいと思いますが、それはラグを敷いても同じ感じことなので、マイナス要件にはなりません。

むしろ、ジョイントマット自体があたたかいので、フローリングの底冷えから解放され、床暖房を強く設定しなくても暖かく感じます。

フローリングの冷たさが解消され、床暖房も効くとなれば、冬は安心できますね!

リビングに敷いても違和感なし

リビングに敷くので、インテリアに馴染むことを考えて購入した木目調。

もちろん、元々のフローリングと比べると‥という感じですが、他のジョイントマットに比べるとかなり良い印象になります。

木目調の家具とも合います。
ホワイトの木目にしたので、部屋が明るくなり、乳幼児がいるリビングとしては最高!!

部屋に馴染んで、違和感がないところも買ってよかったポイントです。

ぴったり合わない

残念ポイントは、まずはジョイントマット全体の問題ですが、まっすぐ敷いたつもりでもぴったり合わないところが出てくることです。
元々の歪みなどもあるんでしょうか。

特に、ジョイントマットを洗って干した後は、さらにパズルマット自体に歪みが出て、全然合わない!

隙間を敷き詰めている端の方に持ってきて、目立たないようにしています。

隙間ができると、パズルマットの下に埃も溜まりやすくなるので、注意が必要です。

パズルマットの下が埃だらけに

パズルマット自体は、掃除機と拭き掃除でいいですが、ジョイント部分の隙間から埃や食べかすが落ちるようで、たまにめくると、埃やダニの死骸なども出てきます。

定期的にめくってお掃除をし、ジョイントマット自体も洗って清潔に保つ必要があります。

はまじ
これがなかなか面倒くさい。

ただ、大判なので、ジョイントマットを取るのも敷くのもすぐ終わります。

そのうちプリントが剥がれそう

個体差があるのだと思いますが、木目調はジョイントマットの上に木目のプリントを貼っているものなので、端っこがすでにプリント部分が剥がれているものもありました。

ただ、木目調の白にしたので、プリントのハゲはほとんど気になりません。

ただし、長期間使っているうちに、少しずつ剥がれてくるかもなーという感じはします。
今のところは大きく剥がれたりもしていません。

まあ、子供がいると、カーペットでもラグでもジョイントマットでも、消耗品だと思うので、仕方がないですが。

満足の買い物でした

インテリア的には、イブルを敷きたいと思っていました。
イブルも持っていますが、赤ちゃんスペースに敷いています。

ただし、やはり赤ちゃんと4歳児の生活を考えると、リビングに敷く物のベストはジョイントマットだと思います。

その中でも、靴下でも滑りにくいという安全性、床暖房が使えるという耐熱耐久性、インテリアに馴染むというデザイン性を兼ね備えたこの商品は、本当に買って良かったと思えるものでした(^^)

赤ちゃんや小さな子供がいて、ジョイントマットを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

子育てグッズカテゴリの最新記事