保育園ではトイレで出来るのに、家ではできない原因は何?

保育園ではトイレで出来るのに、家ではできない原因は何?

世の中のお母さんを悩ますトイレトレーニング。
いつかは取れるってわかっていても、ヤキモキしてしまいますよね。
ワーキングマザーなら尚更、トレーニングにかける時間もあまり取れないことも。

家ではトイレができない保育園っ子が、どうして家では出来ないのか、子供の気持ちに寄り添うながら対策を考えてみました。

保育園で出来ているのに家でできない理由は?

保育園では出ているのに、家では出ませんっていう子は、結構多いんです。

保育園で出来る理由は‥

  • 友達も頑張ってるからできる
  • 子供用便器だからできる
  • 足がしっかりついて安心する

家で出来ない理由は‥

  • 1人だと緊張してしまう
  • 大人用便器が落ちそうで怖い
  • 足も届かなくて不安
  • ママの『おしっこ出て欲しい』プレッシャーに緊張する

子供からしたら、大人用トイレは不安定で怖いもの。
大人でも、環境が変わるとトイレをしたくなくなる物で、先に保育園で出来るようになった場合は尚更、保育園のトイレが普通と感じてしまうのでしょう。
また、足がしっかりつくことも、子供が安心できる要素になります。

保育園のトイレトレーニングと同時に、家でのトレーニングを始めてみる

保育園でトイレが出来るようになるのと同時に、家庭でも出来るようにする事が、家ではオムツが取れない、とならないようにする為に、とても大切な事ですよ。
保育園で出来るようになったから、家でもやってみよう‥とすると、うまくいかない場合があるからです。

保育園では2歳で出来るようになったのに、家では1年後もまだオムツ、という子もいます。

保育園でトイレトレーニングが始まったら、おたよりなどでお知らせがあると思います。
保育園の先生に、どんな風にトレーニングを進めているか聞き家での様子も伝えていくようにしましょう。

1歳からおまるに座ってみよう!

保育園では、1歳児からおまるに座って排泄するトレーニングを始める所が多いです。

早ければ0歳児で始める保育園もあります。
0歳児と言っても、1歳を過ぎた子からおまるに座る園や、6ヶ月を過ぎてお座りが安定したらおまるに座る園も。

保育園でおまるを始めたら、同時に家でもおまるを買ってみましょう。
おまるだと、高さもなく、便器の大きさも子供サイズ

無理なく始められますね。

おまるの注意点
◯遊びの場所とは分ける(リビングに置く場合も、おもちゃと一緒に置かない)
→おまるは排泄をする場所だということを明確にしていきましょう。

おまるでなく、補助便座を使うのもOK!
ただし、保育園で始めた月齢が早いのであれば、おまるの方が安定して座ることができます。

*トイトレにおまるって必要?補助便座は?メリットとデメリットを紹介

保育園と同じリズムで始めよう

保育園では、連絡ノートに、何時頃におまるで成功したか教えてくれる園もあれば、何も知らせてくれない園まで。
息子の園では何も知らせてくれなかったので、いつ出ているのか、はたまた、ちゃんと出ているのか不明でした。

連絡ノートに書いてある場合は、お休みの日も同じリズムでおまるに座ってみましょう。
排尿間隔もわかるようになりますよ。

保育園でいつおまるに座ったり、どれくらい成功しているのかわからない場合は、保育園の先生に直接聞いてみましょう。

また、保育園では生活のリズムがあり、トイレやオムツ交換の時間が決まっています。

  • 早朝保育後
  • 朝の集まりの前
  • 給食前
  • 午睡前
  • 午睡後
  • おやつ後
  • 延長保育前、などなど

そのリズムだけでも知っておけば、家庭でも座ってみる時間が決まりますね!

とにかく楽しい雰囲気で!!

保育園では、消極的な子やおまるを嫌がる子でも、他の子が座ってるから行こう‥と思う子もいます。

おしっこが出なくても、しーしーと言ったり笑ったりして、家のトイレが嫌にならないようにしましょう。

お気に入りのキャラクターのポスタなどを貼っておくのも、子供が安心できますね。
保育園でも、キャラクターや動物の壁面飾りをつけている園もたくさんあります。

おしっこが出たら、とにかく褒めまくる!!
これでもかーってくらい、うるさくしてもいい

保育園では、何人もの保育士さんに褒めてもらえるので、家ではママ1人でもいーっぱい褒めてあげてくださいね。

大人用トイレへの移行は、様子を見て行う

初めから補助便座で始めた場合はスムーズですが、おまるで始めると、大人用トイレへの移行が必要になります。
おまるのように安定していません。
子供は、おまるや子供用便器に慣れてしまうと、普段と違う大人用トイレを怖がるように。

補助便座を使ったり、ステップを踏ませたりして安定感を与えたり、トイレの座る向きを大人とは反対向きにして(トイレのタンク側に向かって)座ると、子供が安定して座れます。

子供の様子を見ながら、子供が怖くないような環境を作って、大人用トイレに座らせてみてください。

先に保育園で出来るようになってしまった場合は

保育園で出来ると言うことは、体の機能的な部分では、トレーニングは完了しています。
家でだけ出来ないということは、あとは気持ちの問題。

大人用トイレが怖い家のトイレ環境に慣れていない

子供の気持ちに寄り添いながら、よりよいトイレの環境ができるといいですね。

あと、こんな事はありませんか?

  • お家に赤ちゃんが生まれた‥
  • 仕事の帰りが遅くなった‥
  • 仕事が変わって親が疲れている‥
  • 夫婦仲が良好ではない‥

ちょっとした環境が、トレーニングを止めてしまっていることもあります。

でも、仕事をしていたら、母親をしていたら、父親をしていたら、妻をしていたら、夫をしていたら、色々ありますよね。

そんな時に無理にトレーニングをしても、うまくいきません。
オムツ交換でかまって欲しい気持ちだってあるでしょう。
ママだってパパだって疲れているでしょう。

POINTまずはママやパパの気持ちを整え、今なら出来る!と、親の準備が整った時に、トレーニングを再開しましょう。
親の決意が固まった時に一気に進めてしまうと、案外すんなりといくかもしれませんよ。
*トイレトレーニングは2歳の春から短期決戦2週間で!我が家の実践記

トイレトレーニングカテゴリの最新記事