大人の手足口病の恐怖体験!頭痛発熱に痛すぎる発疹、治るまで半年かかる!?

大人の手足口病の恐怖体験!頭痛発熱に痛すぎる発疹、治るまで半年かかる!?

どうもこんにちは。はまじです。

この夏、大人の私が手足口病になってしまいました。

長男が幼稚園でもらってきたのですが、高熱嘔吐があり、その際にうつってしまった模様。
しかも、3ヵ月の娘にもうつしてしまったんです(*_*;

ただ、子供たちは高熱も発疹もありましたが、比較的軽い症状で終わることができました。

結局、一番重症だったのは、大人である私です。

先に結論を言うと、ほんまに気を付けた方がいい病気!!!
子どもは軽症で終わっても、まれに発症する大人は重症化してしまうそうです…。

完治までに半年かかると言われているようですが、現在、発病してから3週間が経過。
まだまだ治る気配がないし、新たに爪がはがれそうな感じ。
普通に生活していますが、まだまだ発疹は治っていません。

そのヤバめで恐怖の、大人の手足口病の経過をお知らせしたいと思います。

はまじ
写真はごめんなさい、グロテスクなので撮れませんでした(笑)

発症1日目:発熱

発症1日目は、急激に上がる熱でした。
夜の8時ごろ、症状のおさまった長男を寝かしつけようと立ち上がると……突然襲ってきた関節痛。
これは尋常じゃない!と思い、すぐに夫にメールを入れて、すぐに帰宅してもらいました。

寝かしつけと授乳が終わったころには、夏なのに半袖ではいられない寒気。
熱が上がってきたかなあ、なんていう呑気なものじゃなくて、確実に今、熱があがっています。はい、今も上がりました。とわかるような、急激な発熱でした。

4時間後には39度を超えてきました…。恐ろしい。

発症2日目:高熱

熱にうなされ、朝方まで寝られない。
授乳しておこうと立ち上がると、これまで経験したことのないような、激しい頭痛が襲ってきます。
例えるなら、後ろから鈍器で頭を何回も殴られている感じ。

次第に背中も痛くなってきました。
インフルエンザより、圧倒的にこちらの方が辛かった。これ、ほんとなのよ。

朝の授乳を終えた時点で、3ヵ月の娘がニコニコしていましたが、横で一緒に寝転んでいました。
夫は、朝早く出勤し、昼までには帰ってきてくれる予定。

ただ、もうこの朝が耐えられません。起きて2人の世話をする元気がありません。
すぐに実家の母を呼んで、子供たちの世話を頼みました。

長男が登園してもいいか、病院に聞きに行く日だったので、一緒に病院に行って受診しました。

帰って頓服を飲むと、ある程度の症状は緩和されました。
頭痛も残っていますが、動ける程度まで改善されました。
しかし、熱はまだ38.8度。仕事から帰ってきた夫に娘の世話を頼み、長男は実家へ預けました。

と、ここで、娘のお尻に発疹が…。

夜から3か月の娘も発熱し、39度まであがりました。うつしてごめんね…。

発症3日目:発疹が広がる

朝起きると、寝る前に飲んだ頓服のおかげで、全身症状はおさまりました。

ただ、夜間授乳の際に、右足の裏がかゆいなあと思っていたら、右足の裏と側面に大きな発疹が20個ぐらい出来ていました( ゚Д゚)
私は、右足裏と右足の甲に集中して発疹ができたので、手のひらには5個ずつくらい、小さな発疹のみ。

足が少し歩きにくいなと感じながら、娘を病院へ連れていき、帰ってきてからも熱でずっとぐずぐずの娘を、ほぼ1日中だっこしていました。

娘は、夜には37度まで解熱したものの、お尻の発疹の水疱が破れ、機嫌がとっても悪くて寝ない!!
とにかくずっと抱っこし歩いていました。だんだんと足の痛みが強くなっていくのを感じました。

発症4日目:一番辛かった発疹の痛み

夜中の3時半。やっと寝られると思って、布団に入ったものの、痛みで眠りにつけません。
娘の熱が心配で、火事場の馬鹿力的なもので、足裏の痛みをそこまで感じていなかったわけですが。

冷静になって寝ようとすると、びっくりするくらい痛い!!!!

そーっと靴下を脱ぐと……吐き気がするほど、発疹が水疱に変わっている。見た目も気持ち悪いし、何せ痛くて辛い。

右足の周りをぐるっと一周足の裏も全体に足の指にもつながった水疱。足の爪は1枚白くなる。

あまりのグロテスク度にびっくり。こりゃ痛いよ。
保冷剤を挟みながら、なんとか3時間ほど寝ました。

朝起きたら、これはこれは、まともに歩けたもんじゃない。
動くと痛い、しかも手の発疹もちょうどお箸を持つ場所にできて、これまた痛い。

はまじ
とにかくQOLが下がりまくります。生活が困難になります。
子どもが手足口病で発症する発疹とは、全く別物だと考えてください!!

手足口病とは別に、熱のせいか授乳のトラブルも発生し、授乳の度におっぱいにも激痛。

足も激痛。気が付くと、足のすね、腕、脇、さらにあごにまで発疹が広がる始末。

はまじ
神様。私はなにか悪い事でもしましたか。

そう問いかけずにはいられないほどのつら辛さで、大人なのに泣いてしまいました(笑)

子どもの病気なのに何なの!?っていう怒りも出てきました。

はまじ
子どもの病気なんだから、大人には入り込めないような構造にしておいてくれよ、ウィルスさんよ。

夫におこづかいも渡し、家事も全面的にサポートしてくれましたが、その場しのぎの家事が数日続いています。

精神的にも参ってきて、たまっていく家事にストレスがたまってくる。
何もできない自分に、爆発寸前に。

はまじ
よし!寝て忘れよう!
はまじ
ちゃうちゃう、寝られへんのやった。
はまじ
それでも寝よう。そうだ、寝るのが一番の薬。

寝られなかったけど、10時半にはお布団に入りました。

何が言いたかったかと言うと、4日目、この日が一番つらかったです

発症5日目:ましになったかな…

5日目の朝、起きるとまだまだ足の痛みは感じるものの、4日目の昨日よりだいぶましになりました!
でも無理はしない。全然走れないし、歩くのもゆっくり。

ただ、この世の終わりに感じた昨日の辛さからは解放されました

発疹は、水疱がひき、赤黒くなり始めています。

娘はすっかり元気になりましたが、手足口病ではない発疹が腕と足に広がり始めました。
突発性発疹のような、小さなブツブツ発疹。
同じような発疹が、私の腕にも広がり始めました。

母乳のトラブルも助産師さんが出張訪問してくださり、痛みはあるもののマシになってきました。

発症6日目:社会復帰できそう!

1日違いでこんなに元気になるのかーと思うくらい、足の発疹の痛みがひきました。
ただ、皮の薄い足の側面は、痒みが少し出てきました。

いつも通り、とまではいかなくても、普通に生活できるレベルにまで復活!
痛みがひくまでもっとかかると思って絶望していたので、思ったよりは早く復活できた!

それでも6日目ですよね…。恐ろしい病気だ。

発症10日目から

7日目以降は、痒みも痛みもほぼなくなり、発疹だけが残っている状態!
あの辛さも、喉元過ぎれば熱さを忘れるといいますか、もう他人事のように忘れていました。

しかし!
10日目から、少しずつ発疹の部分の皮がめくれ始めました
足の裏の皮がめくれると、それを踏んだ時に痛痒い感じがします。
うすくめくれるというより、水疱になっていた部分は分厚くなっています。

何より、見た目がえげつないことになり、この夏はサンダルを諦めなきゃ‥。

右足に集中していた発疹だったので、右足の爪が3枚ほど白く変形しています。
たぶん、爪がはがれるんだろうな〜という感じ。

足の発疹はひどかったので、めくれはじめてから1週間たっても、まだまだ終わりません。

大きな発疹ができた人は、要注意です!!

まとめ:大人の手足口病は長期戦だ!

というわけで、今も現在進行中で、手足口病の発疹跡と闘っています。
ニュースで見た、治るまで半年くらいかかるっていうのは本当みたい
爪が生え変わるまで、ということですが。

手足口病に大人がかかったら、こんな怖いなんて知らなかった…。
もはや恐怖体験でした。

品川庄司の品川さんもかかったことがあるらしく、このブログを見て共感!と爆笑!

有名人の方が、その影響力を利用して、手足口病の怖さをもっと伝えてくれ!と思う今日この頃でした。

手足口病は、飛沫感染。
また、登園や登校に差支えのない病気。
子どもがいればなおさら、いなくても電車などの公共機関でうつることもあります。

みんなで気を付けていきましょう。

健康カテゴリの最新記事