無償化より保育士の待遇改善!潜在保育士が復帰しようと思える園を考えた

無償化より保育士の待遇改善!潜在保育士が復帰しようと思える園を考えた

こんにちは。保育士のはまじです。

ライフスタイルに合わせて、保育の職を転々としてきた私ですが、保育の仕事は大好きです。
もっと保育士が集まって欲しいと願う私が、保育無償化の報道を受けて考えたことを、率直に話したいと思います。

保育無償化とは

幼児教育・保育の無償化は、当初の予定より半年前倒しして2019年10月より実施されます。


10月に前倒しされたのは、消費税増税を見込んでのことだそうです。

具体的に検討されている案としては、このようなものです。

幼児(3~5歳児)  無償(幼稚園・認可保育所・認定こども園)
乳児(0~2歳児)  住民税非課税世帯のみ無償
認可外保育所  一定額を補助

そもそも無償化によって恩恵を受けるのは、高所得者?

そもそも、認可保育所の保育料は各自治体によって、所得に応じた保育料が定められております。

今回の無償化で、乳児に限っては低所得者のみの無償化となっていますが、3歳児以降は一律無償化。
もちろん3歳児以降は、所得に応じた保育料の差も、乳児よりは小さくなりますが、支払う能力のある高所得者を無償化するメリットはあるのでしょうか。
もちろん、次世代への投資と言う意味で無償化をすることに意味がないとは思えません。

ただ、今の日本社会が抱える問題に対して、高所得者や、両親のどちらかが仕事をしていない幼稚園児の世帯にまで無償化することが、早急の課題だとは思えません。
所得制限を付与することによって生じる財源を、保育士の待遇改善に当てて欲しいのです。
保育士の待遇が改善されれば、待機児童対策につながるからです。

保育士が集まらないのは、保育士の仕事が理解されていないから

保育の仕事って、「命を預かること」なんです。
子供と遊んだり、子供の教育をすることは、命の次です。安全があっての教育です。
命を預かることより大切なことは、他にないと思っています。

潜在保育士と言われる保育士さんたちが保育に戻ってこないのは、ただ単に待遇が悪いからではありません。

待遇に対して、仕事の責任の重さが見合っていないと感じるからなのです。

ただ、給料が低いから辞めるんでしょ、人間関係が悪いから辞めるんでしょ、と思われていると思うのですが、それだけではないのです。
命を預かるのにこの待遇だったら、たとえ給料が低くても他の仕事をしようと思ってしまうのです。

給与が低い保育園・給与が高い保育園

保育園によって、保育士の数は違います。
もちろん、どこの保育園も児童福祉施設最低基準によって決められた保育士の配置数は満たしている(と思います)が、同じ人数の子供がいても、雇用している保育士の数には大きな差が出ます。

例えば、早延長保育、フリー保育士など、非正規職員を時間帯でたくさん雇用している園。
人手は足りていて、担任保育士でも休日を取りやすく、休憩時間も確保され、シフト通りに上がることができます。
しかし、非正規職員をたくさん雇用することで、保育士1人当たりの給与がとても少なくなります。
家庭や育児と両立はできますが、フルタイム正社員でいるメリットがないほど薄給の園もあるのです。

逆に、フリー保育士もほとんど雇用せず、時間外労働は当たり前、パート保育士でも休憩が取れない、有給なんて取れないという園もあります。
そんな園は、運営母体にもよりますが、全体の雇用数が少ない分、一人当たりの給与は少し高め。
でも保育士は疲れ切っています。若い保育士が辞めていくのは、こんな園ですね。

人手が多い園は、保育士一人一人の仕事量が減るのですが、給料が低くて求人に魅力はない。
逆に給料が高い園は、入ってから仕事がしんどくなり、膨大な仕事量に加えて命を預かることの重さに辛くなって辞める人もいます。

そして、そんな保育園の事情を、親は知るすべもありません

保育士を柔軟に雇える体制を整えることで、潜在保育士は復活するかも…

ただ、「保育士の給料をもっとあげてください」というだけでは、保育士は集まらないと思います。
だって、給料が改善されても仕事が改善されなければ、続けられないから。

私は、「時間帯雇用の枠をもっと増やす」という待遇改善ができれば、結果としてフルタイムで保育士をしたいという潜在保育士も集まるんじゃないかなと思っています。
そして、雇用している保育士の数を、仕事を探している保育士にも、入所を希望している親にも、しっかり「見える」ようにして欲しいのです。

例えば、午睡(お昼寝)の時間帯だけ来てもらう保育士を確保する。
午睡時に保育士が増えるだけで、午睡の安全もある程度は確保されるし、保育士も休憩を取りやすかったり、残業分の仕事が進んだりする。
休憩が取れないと思っている保育士も、昼間の雇用がある園だと分かれば、働きたいと思う人もいるでしょう。
また、フルタイムは無理だけど…と思っている保育士も、お昼の3時間だけなら働ける人もいます。

人手が多い事だけが子供の安全につながるのではなく、人手を増やして休憩が取れるようになると一旦子供から離れることができ、疲れたまま仕事を続けるより、休憩後の保育の質もあがります。
また休憩時間に、園の掃除をさせられることもありません。

プールの時だってそう。ギリギリの保育士でプール活動を行っている園なんて、親としては本当に預けられません。怖いですよ、本当に。
そして、子供の安全が確保できない園で、働きたいとも思えない。
どんな場面でもそうなのですが、特に命に関わるような場面で、一人でも多くの保育士がいたら…と思います。

ただ保育士を増やしたいと求人を出すのではなく、時間帯で区切って柔軟に雇用することで、園の保育士の絶対数も増えると同時に、待機児童を受け入れるための保育士も集まるのではないかと考えています。
実際、そうして人材確保をしている園もあります。今働いている保育士の為に、保育士を雇うのです。
個人的には、早急にその財源が賄われて欲しい、と願っています。

また、そうして賄われた財源が運営者によって適切に使われているか、もっとクリーンな情報開示も必要ですね。

保育所は、命を預かる施設です。
保育士の数が適切に配置されていることはもとより、子供の安全のための保育士確保ができていなければならないと思うのです。
その改善が、潜在保育士を確保する第一歩につながると思うのです。

そしてこの事を、保育士だけでなく、色んな人に知って欲しいと思います。
保育士の配置を、しっかり見えるような制度があれば、保育の質も改善されていくのではないでしょうか。

幼稚園も預かり保育を充実させて

幼稚園も無償化になったことで、待機児童対策としての幼稚園の機能も、より強化していくべきだと思います。
預かり保育代が余分にかかるので、幼稚園より保育園の方が安いという世帯もありますが、幼稚園も無償化されることで、預かり保育代を捻出できる家庭も増えるだろうし、幼稚園にも人が集まります。
積極的に預かり保育をしていない園や、長期休暇に預かり保育を実施していない園、早朝保育を行っていない園も、様々な家庭の事情を考慮して、預かり保育や延長保育の内容をもっと充実させて欲しいと思います。

まとめ

実際、幼稚園に通わす親としては、幼稚園も無償化なんて嬉しい、と思うのですが、働く側としてはこのままでいいの?と疑問を抱いてしまいます。
無償化が悪い事だと思わないし、乳幼児の保育や教育への理解がもっと深まれば、と思っています。
でも、こんな内容じゃ、保育園に入れなくて困っているお母さんにとって、何の解決策にもならないですよね。

保育士の雇用の機会が拡大されるだけではなく、また保育士の給与だけの待遇改善だけではなく、保育士の仕事の本質に沿って、適切な待遇改善が行われることを、心から願っています。

幼稚園・保育園カテゴリの最新記事