9月入学の議論を賛成と反対の両方の立場から論点整理

9月入学の議論を賛成と反対の両方の立場から論点整理

我が家の長男は年長です。
新型コロナウイルスの影響で、長引く休校に対して、9月入学という案が出てきて、今論点整理が行われています。

このブログを始めてからツイッターを時たま見るようになったのですが、9月入学と検索すると、こんな白熱した議論が展開されているのかとびっくりしました。

年長児の長男のことを考えると、そして自分の仕事再開を考えると、できれば現状の4月入学の方がありがたいと思います。

しかし、全体として新型コロナ対応としての9月入学は賛成です。学習権の保証という立場からは。

ただ、保育士幼稚園教諭をしていた者としては、大きく賛成できない‥。

という複雑な状況です。

そんな私だからこそ発信できる、9月入学の論点整理をしていきたいと思います。

ここでは、賛成派の意見、反対派の意見を取り上げ、その意見に自分なりに反対することで、視野を広げた論点整理を目指したいと思います。
争う前に、意見の偏りがないか。
相手の意見に、気持ちに、耳を傾けてみてほしいです。

9月入学賛成派の意見

そもそも、9月入学が議論の俎上に乗ったのは、現役高校生の声でした。
センター試験から共通テストに変わる改革の年に、コロナで休校という最悪の事態からの救済措置として求めたものです。

そこに便乗した形の政治家が多い。
それで反対派も増えたものと思います。

新型コロナウイルスの対応としての9月入学のはずですが、飛び火した議論が物議をかましていると思います。

グローバルスタンダード→余計な議論

この意見は、賛成派の私でも、絶対余計な議論だと思います。

今回の9月入学は、新型コロナウイルスによる休校の対応としての議論です。

学習期間を取り戻すために学年を延期する、という案に、たまたまいい時期にグローバルスタンダードの9月があるやん!っていうだけのことです。

9月入学にすることのメリットはたぶん大きいですが、そのメリットを強調することで、反対派の意見の方が正しいように思えてきます。

たまたま、期間延長するなら、前から議論されてた9月入学にしよ、という風に捉えるべきで、グローバルスタンダードになるというのを一大メリットとして取り上げるのは、9月入学が政治利用されてると言われる原因になっているかと。

そして、9月入学になっても、グローバル化は進みません。

はまじ
新卒一括採用、年功序列社会を変えなければいけない。

学習の機会平等が守られる→まずはオンライン授業の導入

一番取り上げられるべき賛成意見として、やはり憲法で保障されている、学習の機会平等を守る、というところです。

特に、今年の高校3年生は、入試改革によってセンター試験から共通テストへと変わることで、またその内容も一転二転することで、大きく振り回されている中、学習の機会平等すら与えられずに奮闘しなければならないという、不運な学年です。

また、小中学校でも、地域差、私立や公立の差によって、学習の機会平等が失われている状態です。

その手段としての9月入学ですが、9月入学を議論する前に、絶対に進めなくてはいけないのが、ICTとオンライン授業の導入です。

これから訪れるであろう感染拡大第2波までに、オンライン授業の導入を迅速に整える必要があるでしょう。

学校行事や部活動の機会を取り戻せる→その分未就学児が犠牲に

学校は、教科の学習だけでなく、学校行事や部活動など、さまざまな活動があり、全てを含めて学習です。

スポーツ推薦を受けたい人は、特に部活動の大会がなくなることは、大きな損失です。
高校球児だけでなく、たくさんの人が楽しみにしている、夏の甲子園も中止となりました。

学校行事を通じた成長も、子供の学校生活には欠かせないものと思われます。
オンライン授業を導入しても、取り戻すこたのできない貴重な青春時代を、9月入学にすることで少しは取り戻すことができるのではないか、というのも大きなメリットです。

その代償として奪われるのが、未就学児の幼児教育期間です。

ここに関しては、保育士幼稚園教諭の立場として書かせて下さい。

幼児期は、学びの土台となる基礎を作る、大切な期間です。
その期間を軽く見られるのは、正直心外です。

特に年長の期間は就学前の1年として、進学しても自信を持って行動できるようにしようと、先生たちは日々頑張っています。

幼少連絡会を設け、進学先の小学校の先生に申し送りをして、子供たちの個性や特徴を伝えます。

この9月入学で一番被害を受けるのは、現年中児の、2015年4月から8月生まれです。
それ以下の学年ももちろん繰り上がることでも影響はありますが、移行期間の間に学年編成の見直しも行えるので、保活の問題以外では、今すぐ学年編成を変えるよりはリスクは低いと思います。

5年をかけて9月生まれからの学年編成に移行する案でも、2015年4月生まれだけが、大きな影響を受けます。

この年中児たちが、年長を経験することなく、1年生に進学する事を、大きく受け止めて判断してもらいたいと思います。

もし9月入学になるとしても、現実的に幼稚園や保育園での具体的な対応策、救済案を出してほしいです。
このままでは、ただ犠牲になるだけです。

幼児期は、みんなの記憶に少ないので、簡単に取り戻せる、と思われがちですが、年長の1年も取り戻せない大切な期間である、というのを前提に、賛成の意見を出して欲しいなと思います。

また他にも、育休延長措置なども必要になってきます。

9月入学反対派の意見

高校生が発案した9月入学に乗っかり、政府が検討を始めたことによって、ツイッターなどのSNSでは、9月入学反対運動が起こっています。

オンライン授業の導入が先→全く進んでない‥

9月入学なんていう、とんでも案を検討する前に、オンライン授業の導入が先決です。

オンライン授業がしっかりできていれば、9月入学という案も出てこなかったでしょう。
諸外国と比較し、入学時期をずらす案が出てるのは日本だけだ、という意見もありましたが、それも日本のICT化が遅れているからなんです。

まず、幼稚園の仕事をしていた時も、書類も手書きの物が多いなと感じていました。
とにかく教育界隈はどこよりもアナログな世界なのでは?と思います。

で、このコロナ禍で進むべきだったICTは、全くと言っていいほど進んでいません。
休校になった時から、タブレットを1人1台配布っていう意見もありましたが。

こんなにも進んでいない現状で、まずはオンライン授業、と言い続けるのは、第2波に備えるメリットはあるにせよ、今現在の不足している学習時間を取り戻せるようにはならないかと思います。

オンライン授業がまだまだ進んでいないからこその、9月入学検討なんです。

はまじ
アベノマスクのお金でちょっとはなんとかならなかったかな‥。

ただ、9月入学とオンライン化、両方を進める財源があるかどうかが問題です。

教育現場が混乱する→どの選択でも混乱は避けられない

9月入学は、本来であれば長期間の議論が必要なものです。
それを、新型コロナウイルス休校の対応として、急ピッチで話を進めていけば、必ず綻びが出ます。
また、突然の切り替わりで、教育現場が混乱し、その影響は子供にも及びます。

この意見は、ごもっともです。

ごもっともですが、長期間議論したとしても、教育現場の混乱は避けられないこと。
9月入学にしない他の方向でも、法改正は少なくても、学習に追いつくためにおこなうカリキュラムの再編など、混乱は起こるものです。

また、長期休校対策としての入学時期変更、という観点からも、スピード感が求められるのは当然かとも思います。

今の学生の救済という、明確な目標があるので、早く議論が進むことは、決して悪いことではないでしょうか。

逆を言えば、学生の救済が目的でない9月入学は検討すべきではないでしょう、

未就学児の幼児教育期間が短くなる→制度設計を整えるべき

学年の区切りを変えることで、一部の未就学児の幼児教育期間が短くなることが1番の問題です。
もちろん、9月入学に反対の学生もたくさんいると思いますが、一番声を拾うべきは、未就学児の保護者の意見です。
賛成意見から一番対立する関係にあるから。

保育関係者だけでなく、特に幼稚園に通うお母さんから反発が多いものと思われます。

この未就学児とその保護者を救済する制度設計が必要になります。

それらを、次のページでまとめました*

9月入学にするなら習熟度別学年、新卒一括採用の廃止による社会改革もセットじゃなきゃダメ

教育カテゴリの最新記事